京都のデザイナーズ建築・リノベーションならアーキネット京都

new construction

Urban Hotel Kyoto-Nijo Premium

宿泊施設

規  模
RC造地下1階地上7階
設計期間
2014.01 - 2014.05
施工期間
2015.09 - 2015.10
敷地面積
922 m²
延床面積
4,868 m²
U R L
http://uh-urban.com/nijo/

地域に喜ばれる、洗練されたビジネスホテル

敷地は、二条駅(JR,地下鉄)より北へ徒歩5分、東は千本通り(大通り)、西は南向き一方通行の道に挟まれています。

千本通り(大通り)に面した1階は、建物間口のすべてをカフェラウンジとし、宿泊者のみならず、どなたでも利用して頂きやすいように全面をガラスの開口としました。カフェラウンジと平行して建物の奥へと続くホテルアプローチにはリズミカルな石と鏡面ルーバーが続き、一旦閉ざされた風除室を抜けると広々としたフロントロビーが現れます。
フロントロビーはカフェラウンジと一体空間とし、什器のレイアウト変更や様々なシーンに対応できる空間となっています。照明計画は時間帯により色温度や光の強さに変化をもたせたサーカディアン照明を採用し、同じ空間でも異なる雰囲気を演出しています。

客室においては、限りある面積をなるべく広く明るく感じるよう入口近くの水回りはガラス戸とし、視線と解放感を持たせました。シャワーユニット、洗面、便所は、石とタイルを用いコンパクトでありながらも高級感と清潔感、明るさを演出しています。最上階にある大浴場には、男子にサウナと水風呂、女子にはシルク風呂を設けています。また、それぞれの奥行きのある湯船の先に庭を設ける事で一層贅沢な大浴場に仕上がっています。

空間を構成する素材や質感にこだわり、“京都らしさ“ を楽しみ親しんで頂けるようデザインしています。中でもフロントバックには、ホテルが建つ土地より採取した稀少価値のある聚楽土で本聚楽壁を設え、デザインされた投げ苆(なげすさ)仕上げとし、このホテルでしか出来ないアイデンティティーをさり気なく表しています。

これまでのビジネスホテルの歴史を学び、オーナーや運営者の要望をもとに、ビジネス、観光の宿泊者だけでなく、地域の方も気軽に利用し、喜んで頂ける様、周囲に開かれたビジネスホテルを提案しました。

Photo by Daijirou Okada


Photo by Umetani


Photo by Noguchi

お問い合わせ / ご相談

このページの先頭に戻る