京都のデザイナーズ建築・リノベーションならアーキネット京都

renovation

丸福ビル

事務所/オフィス商業施設集合住宅

AFTER

BEFORE

規  模
RC造地上6階
設計期間
2014.11 - 2014.11
施工期間
2015.2.1 - 2015.8.31
敷地面積
530 m²
延床面積
1,459 m²
U R L
http://kyoto-tongari.com/23906

アーキネット京都Facebookページ

元京蒲鉾屋の本社ビルを、
多様性のあるテナントビルへ

100年以上の歴史を持つ京蒲鉾屋、丸福蒲鉾。昭和44年に建設されたテナントビルは、ビルの老朽化も進み、さびしい雰囲気の建物となっていました。先代がこだわりぬいて建てた立派なビルを残したいというクライアントの想いから、本計画はスタートしました。

丸福ビルで意識したのは暖かさです。

そのため、外部や共用部、テナント部分には、無垢の木を多用しました。杉の木を荒削りのままあえて使うことで、ぬくもり・生命をより一層感じられます。

住居スペースは、潔いプランや仕上げとしています。共用廊下側にガラスブロックの壁を配置して自然光を取り込み、まるでプールの底に居るような白いモザイクタイルで仕上げた、多目的な使い方のできる居住空間としました。

今回の工事では、入居中のテナントが事務所を稼働しながらフロアごとに工事を行い、古さと新しさを融合させたノスタルジックデザインが魅力の、ぬくもりを感じるテナントビルに再生しました。

Photo by Daijirou Okada

お問い合わせ / ご相談

このページの先頭に戻る