京都のデザイナーズ建築・リノベーションならアーキネット京都

renovation

385PLACE

事務所/オフィス

AFTER

BEFORE

規  模
RC造地上5階地下1階
設計期間
2016.01 - 2016.04
施工期間
2016.05 - 2016.07
敷地面積
568 m²
延床面積
2,061 m²
U R L
http://miyakoplace.com/

京都・西陣 シェアワークプレイス「385 (MIYAKO) PLACE」

上京西陣に昭和13年に創業した老舗の織物会社が、昭和48年に建築された自社ビルを改装し、「シェアオフィス+コワーキングスペース」として再生しました。

自社をリノベーションして新しい事業をスタートさせ、創業以来、帯の製造拠点として世界に通じる作品を生み出した建物が、人と企業が集まるシェアオフィスとコワーキングスペースとして、西陣の地から新たな物語をつくる拠点「385PLACE」として2016年9月にオープンしました。最上階からは四方の山々が見渡せ、季節に応じた景色を楽しむことができ、仕事のスタイルによって最適なオフィスと利用方法の選択が可能となります。伝統的なものづくりの技術や歴史、職住近接エリアであるこの地で、新しい時代を担う人や企業、最先端のクリエイティブの融合から、新たなビジネスやプロジェクトの物語がはじまります。

鉄筋コンクリート造・地上5階建てのそのレトロな外観は、経年変化も含め良い雰囲気を醸し出しています。西陣の瓦屋根が続く町並みや北山の山々を眺めることのできる、そのロケーションも京都市中心部にはない、独特の落ち着きを感じることのできる居心地の良さがあります。

「シェアオフィス+コワーキングスペース」という、スタイルは近年広がりを見せつつあるオフィスビルの新しい再生手法であり、単なる賃貸貸しとは異なる、「地域性・テーマ性」といった視点を、取り込みながら、弊社のコワーキングスペース運営の経験を踏まえた建築設計・企画事例となりました。この「385 PLACE」においては、上京密着・西陣織といったキーワードを織り込みながら、人と企業のつながり・交流を促進する工夫がなされています。創業以来、帯の製造拠点として世界に通じる作品を生み出した建物が今回の改装により、新たに人々が集うようなビルとなることを期待しています。

 

建築主:株式会社 都 / 運営:ツナグム / 建築設計・企画・運営協力:アーキネット京都

お問い合わせ / ご相談

このページの先頭に戻る