京都のデザイナーズ建築・リノベーションならアーキネット京都

renovation

CLUSTAR BLDG.

集合住宅

AFTER

BEFORE

規  模
RC造地上3階建
設計期間
2012.07 - 2013.01
施工期間
2013.07 - 2013.10
敷地面積
344 m²
延床面積
590 m²
U R L
http://chintai-kyoto.jp/osusume/pg501.html

明治26年創業の帯屋の本社ビルを、共同住宅へ

要望として、付加価値のあるエントランス空間と住人同士の交流が生まれる共有庭の実現でした。


エントランスホールには帯飾りや季節の花などを装飾できるよう落ち着きのあるラウンジと、美術書や骨董品を飾るためのライブラリーを計画し、ホテルのような上質な空間を演出しました。


エントランスの壁は和を基調とした素材感のあるタイル貼り、床は天然石とカーペットで仕上げ、温かい雰囲気が入居者を迎えます。


住戸は、床に栗の無垢フローリングを使用し、間取はあえて仕切らず自由度の高いものとして計画しました。


外部の主役となる共用庭は家庭菜園ができる土の庭と、住人同士や周辺住人との交流の場として芝の庭を配置し、隣地建物の目隠しを兼ねてシマネトリコを植樹しました。


ハード面である建物の価値を高めると共に、共用庭から新たな交流が生まれるようソフト面も充実した計画としました。



Photo by Daijirou Okada

お問い合わせ / ご相談

このページの先頭に戻る