京都のデザイナーズ建築・リノベーションならアーキネット京都

renovation

オプテックスグループにおの浜ビル

事務所/オフィス

AFTER

規  模
S造地上8階建
設計期間
2018.05 - 2019.09
施工期間
2018.08 - 2019.09
敷地面積
468 m²
延床面積
2,575 m²
U R L
https://www.optexgroup.co.jp

会社の広告塔となり、街のシンボルとなるビル

滋賀県大津市にある社屋のリノベーションです。本社機能の一部を再び旧本社ビルに移す当たり、この計画が持ち上がりました。


工事は外装、内装の2期に分けて行われました。1期の外装工事では、「会社の広告塔となり、街のシンボルとなるビル」をコンセプトに掲げ、外装のエイジング塗装とライン照明による照明デザインを施しました。


日中はエイジング塗装の独特なムラが、天候や時間帯により建物の見え方の変化を生み、夜間においては、ランダムに配置したライン照明が企業の発展や躍動感を表しています。また、近江大橋から続く大通りの人の動きも意識し、人々の目に留まりやすくなるよう意図しています。


2期の内装工事では、共用部、オフィス部分の改修、水回りの更新を行いました。琵琶湖を臨む眺望の良さと大きな窓を活かし、明るい空間でいきいきと働けるオフィスとなるよう、琵琶湖側にメインの執務スペースや応接室を配置しています。また、共用部の照明には、外装と同様にライン照明を用いることで、外装意匠との一体感を生むようデザインしています。


photo by Daijirou Okada

お問い合わせ / ご相談



このページの先頭に戻る